透析看護師に必要なスキルは?

透析看護師に必要なスキルは?

透析室で勤務する看護師は、患者様との円滑なコミュニケーションを図れるコミュニケーション能力が重要視されています。 毎週のように頻繁に通ってくる患者様との人間関係が大切だからです。

ここでは、転職先の透析の准看護師に必要とされる経験やスキルは何かを考えてみましょう。

透析の業務は、

(1)透析機械操作
(2)穿刺・抜針・止血
(3)患者指導業務がの3つが大きな柱になります。

とりわけ穿刺・抜針・止血は患者様との信頼関係を保つために重要です。 穿刺のスキルが上手い看護師は高く評価されます。 なんども穿刺を間違うと敬遠されてしまって患者様との関係は悪化してしまいます。

穿刺スキルをマスターするには、これまでの経験数によっても違います。 経験があり自信があるならば、積極的に穿刺業務をこなせます。 経験が少ない人は先輩ナースに指導をしてもらいながら正しい穿刺を覚えてゆきましょう。

透析患者様は長期間透析生活を強いられています。穿刺を失敗しても、その失敗までも受け止めてくれる優しい患者様も多いです。

これまで穿刺経験があまりなくても、どこの血管に針を刺せば良いのかとか血管の流れを覚えたりしながら、透析室での経験を増やしていけば問題ないでしょう。

その他患者指導も透析看護師の大事な業務の一環です。食事指導・運動指導・日常生活の指導経験があれば、そのスキルは透析ででも利用できます。

食地制限や普段の生活の制限が透析患者様にはついてまわります。きちんと指導しなければ患者様の体調は乱れてしまいます。指導経験がある看護師は即戦力として活躍できるでしょう。

以上、透析看護師に必要とされる経験やスキルは何かを考えてみました。 万が一のことを想定して機械操作や透析患者様のバイタルチェックも抜かりがあっては困ります。 機械の操作に関しては、なれるまでは覚えることだらけです。

最近の透析機械は以前と比較すると簡単になっていますから臨床工学技士に聞きながら作業を覚えていけばいいのです。 バイタルチェックはもしも透析患者様の容態が急変したときの基礎データになるので大切です。
公益社団法人 山口県看護協会

看護師の仕事に関して

看護師は最近流行りの職業です。一昔前までは看護婦といえばいろんな意味で高嶺の花でした。恋愛対象でも最もお嫁さんにしたい候補の職業に上がっていたと思います。

看護師は読んで字のごとく人を看護することを目的とした職業です。入院した時に患者さんを看護するのを目的としていますが、看護師の仕事はそれだけとは言えません。

薬に関する知識などは必須とされていますし、また医療機器の使用方法に関してや、その使い道や薬の知識などが求められます。またとても体力が必要とされる職業です。

電動ベッドなどで簡単に人を持ち上げたりすることもできますが、緊急の場合などは患者さんを持ち上げるのに体力が必要とされますし、緊急の場合は患者さんに長時間付き添うことも必要とされますので、日頃から体調管理をしっかり行わなければなりません。

それから、夜勤なども多いです。管理スキルや知識などが必要とされている割には、給料はほかの職種と比べて若干低い傾向が見られます。

実際問題、看護師だと手取りで40万円くらいが精一杯です。確かに体力が必要とされていますので、人の労力が分散傾向にあって賃金も人力を多く費やす分、賃金も分散傾向にあると思われます。

看護師は最近では女性ばかりのものではありません。男性も多く参加しています。男性の看護師は医療現場では重宝されます。看護師になるには一般の大学の看護科で学ぶこともできますし、更に看護学校に通って正看護師を目指すこともできます。

勤務先としては国公立の病院から大学の医療センター、個人病院や、診療所など就職先は多岐にわたります。求人なども多く出ていますし、最近でも花形の職業です。

看護師の多くは結婚しています。そのような統計情報も出ています。看護師は精神が安定していると、やはり患者さんに対しても気持ちよく接することもできますので、日頃からメンタルケアに時間を費やすして精神状態をクリーンに保つことも要求されています。

看護師の転職でベストな時期

看護師がキャリアアップや個人の事情等で転職を行う際に、大切なのはベストなタイミングで転職することです。良い時期に転職すれば、よりよい環境で働くことも可能です。ではそのベストなタイミングは何かといいますと「需要がある時期」になります。

「人手が足りない」などの需要がある時期であれば、即戦力が手に入る魅力がありますので、比較的給料などの待遇面で考慮してもらえる可能性が通常よりも高いと言えます。

では具体的にその需要がある時期についてですが、これは3月、4月になります。これは期の変わり目であるためで事業計画やスケジュールの切れ目に退職していく人が多いことが理由です。

同様に、半期である9月~10月も求人数が増える傾向にあります。人手が足りなくなる理由については、退職以外にも同じ病院内で部署移動があり、必要な部署に人が不足するといったものもあります。

期の変わり目に次いで需要が高まる時期に7月、12月があります、これは夏と冬のボーナス支給時期になります。ボーナスを受け取ってそのまま退職といった流れです。

しかし、病院によってはスケジュール上厳しいといった理由により、実際には退職が難しいといったケースもあります。さて、3月~4月に転職するに当たって、実際に動き出す時期についてですが、これは12月~1月がいいでしょう。

なぜかと言うと、この時期から段々と求人の数が増えていくからです。ですので目ぼしいところはおさえておく必要がありますし、現在の職場との退職時期についての調整も必要になってきます。

また、求人だけを追うのではなく自身で気になる病院に連絡をとってみるのもいいでしょう。思わぬ好条件で転職できるチャンスとなるかもしれません。

看護師にとって3月~4月がベストであると先ほどは書きましたが、現状は看護師の転職における状況は売り手市場です。

ですから、転職したいといった看護師に対しての求人は常に一定数用意されています。時期にこだわらずに常にアンテナを張っておく必要があるでしょう。