どこにおいても看護師にはコミュニケーションスキルが求められます

透析看護師に必要なスキルは?

透析室で勤務する看護師は、患者様との円滑なコミュニケーションを図れるコミュニケーション能力が重要視されています。 毎週のように頻繁に通ってくる患者様との人間関係が大切だからです。

ここでは、透析看護師に必要とされる経験やスキルは何かを考えてみましょう。

透析の業務は(1)透析機械操作(2)穿刺・抜針・止血(3)患者指導業務がの3つが大きな柱になります。 とりわけ穿刺・抜針・止血は患者様との信頼関係を保つために重要です。 穿刺のスキルが上手い看護師は高く評価されます。 なんども穿刺を間違うと敬遠されてしまって患者様との関係は悪化してしまいます。
透析看護師に強い求人サイトは?

穿刺スキルをマスターするには、これまでの経験数によっても違います。 経験があり自信があるならば、積極的に穿刺業務をこなせます。 経験が少ない人は先輩ナースに指導をしてもらいながら正しい穿刺を覚えてゆきましょう。

透析患者様は長期間透析生活を強いられています。穿刺を失敗しても、その失敗までも受け止めてくれる優しい患者様も多いです。これまで穿刺経験があまりなくても、どこの血管に針を刺せば良いのかとか血管の流れを覚えたりしながら、透析室での経験を増やしていけば問題ないでしょう。
http://www.cuinessantacaterina.com/

その他患者指導も透析看護師の大事な業務の一環です。食事指導・運動指導・日常生活の指導経験があれば、そのスキルは透析ででも利用できます。食地制限や普段の生活の制限が透析患者様にはついてまわります。きちんと指導しなければ患者様の体調は乱れてしまいます。指導経験がある看護師は即戦力として活躍できるでしょう。

以上、透析看護師に必要とされる経験やスキルは何かを考えてみました。 万が一のことを想定して機械操作や透析患者様のバイタルチェックも抜かりがあっては困ります。 機械の操作に関しては、なれるまでは覚えることだらけです。

最近の透析機械は以前と比較すると簡単になっていますから臨床工学技士に聞きながら作業を覚えていけばいいのです。 バイタルチェックはもしも透析患者様の容態が急変したときの基礎データになるので大切です。