夜勤のない職場で働きたい看護師の場合

夜勤のない職場で働きたい看護師の場合

日中に働いて夜はしっかり休むことが人間に体にとっては理想的ですよね。夜に働くという仕組みは昔はそれほどなく、近代になって人間の体のリズムに反して夜も働くことが強要されるようになってきました。

その流れにのっとって病院などでも24時間体制が採用されるようになったわけです。

元々は工場で使われていたシフトの体制である2交替制や3交替制でしたが、 これを基に病院でも取り入れられるようになったわけですね。

今は機械化が進んでいるために工場における夜勤がどんどん減って来ている のにも関わらず、病院では相変わらずシフト制で夜勤を行っています。

もちろん入院している患者にとってはいつ容態に変化が起こるかわからない わけですから24時間の看護体制は必要です。

そのために医師や看護師が夜勤をしているのですが、透析看護師も1人の人間なわけですからあまりにも過酷な 勤務体制では体力的にも精神的にも負担がかかりすぎてしまいます。

これまでは少人数でこのような24時間体制を何とか行うことが一般的だった ので、それぞれにかかる負担が大きく、自分に負担がかかるなら他の人も楽 をしてしまわないように厳しくし合っている風潮がありました。

しかし、最近では看護師の不足が深刻化しているために、病院側も姿勢を 変えて来ています。そういうわけで日勤や夜勤のみという勤務体制を採用 している病院も増加しています。

ですから今までは夜勤をしないということが悪だと見なされていましたが、 夜勤をしないという働き方も浸透してきています。

もちろん常勤だけではなく、 パートや派遣といった働き方も選べますし、自分の生活に合った職場を探す ことが大切です。

夜勤をしない分、収入は減ってしまいますので、夜勤はしないけれども常勤 という雇用形態は変えたくないという人は多いと思います。

それでも自分の 生活や家族のことをないがしろにすることなく、きちんとした収入を得る事 が今後の大きな流れになっていくことでしょう。